医療関連サービスマーク制度要綱

第 一 医療関連サービスマーク制度の目的

 医療関連サービスマーク制度は、医療関連サービスに関して、医療の特質や国民の生命・身体への影響を踏まえて、一定の認定要件を定め、この要件に適合する良質の医療関連サービスに対して医療関連サービスマークの認定を行い、当該サービスを提供する事業者に認定証を交付することにより、良質な医療関連サービスの提供及び普及を図り、もってわが国の医療の健全な発展に寄与することを目的とする。

第 二 医療関連サービスマークの認定要件

 医療関連サービスマークは、医療関連サービスを提供する事業者(以下「事業者」という。)の申請に基づき、当該事業者により提供される医療関連サービスが、一般財団法人医療関連サービス振興会(以下「振興会」という。)が別に定める基準(以下「認定基準」という。)に適合しており、かつ、当該事業者が振興会会員である場合、又は振興会に参加する団体の所属会員である場合、又は振興会倫理綱領の内容を遵守するものである場合(その場合、倫理綱領の「会員」を「事業者」と読み替える。)及び別に定める要件を満たす場合のみ認定する。

第 三 医療関連サービスマークの認定基準の策定

  1. (1) 理事長は、認定基準を策定するため、評価認定制度委員会の決定に基づき、専門家等からなる専門部会を設置する。
  2. (2) 専門部会で検討された認定基準は、評価認定制度委員会の決定を経て、理事長がこれを承認する。

第 四 医療関連サービスマークの申請手続

 提供する医療関連サービスについて医療関連サービスマークの認定を受けようとする事業者(以下「申請事業者」という。)は、医療関連サービスマーク認定申請書に別に定める書類を添付して理事長に提出し、別に定める申請手数料を納入しなければならない。

第 五 審査

  1. (1) 専門部会は、医療関連サービスマークの認定を受けようとする医療関連サービスに関して、第二の認定基準に適合するものであるかを審査し、評価認定制度委員会にその審査結果を報告する。
  2. (2) 審査に必要な調査は、書類調査、実地調査及びその他の調査とする。
  3. (3) 評価認定制度委員会は、(1)の専門部会よりの報告に基づき検討し、この結果を理事長に報告する。

第 六 認定及び認定証の交付

  1. (1) 理事長は、申請事業者により提供される医療関連サービスに関する評価認定制度委員会の検討結果の報告に基づき、医療関連サービスマークの認定を行う。
  2. (2) 理事長は認定に当たり、必要に応じ倫理綱領委員会の意見を求める。
  3. (3) 認定日は、これを別に定める。
  4. (4) 理事長は、医療関連サービスの認定を行った場合には、申請事業者に対して、医療関連サービスマーク認定証を交付する。
  5. (5) 医療関連サービスマークの認定を受けた事業者(以下「認定事業者」という。)は、別に定めるところにより、振興会に認定料を納入しなければならない。

第 七 検証

  1. (1) 専門部会は、認定を受けた医療関連サービスに関して、認定基準違反が認められる場合等必要に応じ、随時、認定を行った医療関連サービスが認定基準に適合した内容のものであるかを確認するための検証を行い、評価認定制度委員会にその結果を報告する。
  2. (2) 評価認定制度委員会は、(1)の専門部会よりの報告に基づき検討し、理事長にこの結果を報告する。
  3. (3) 理事長は、(2)の報告に基づき、改善勧告又は認定の取り消しの措置を行う。
  4. (4) 検証を受けた事業者は、別に定める実地調査費を支払わなければならない。

第 八 医療関連サービスマークの有効期間

 マークの有効期間については、別にこれを定める。

第 九 医療関連サービスマークの申請の受付け事務の委嘱

 申請の受付け事務は、必要に応じ、医療関連サービスの種類によっては、理事長はこれを振興会に参加する団体に委嘱することができる。

第 十 医療関連サービスマークの形状及び表示

 認定事業者は、別紙に示す形状を基に、当該医療関連サービスに対して、別に定めるところにより医療関連サービスマークを表示することができる。

第十一 調査協力及び報告の義務

 認定事業者は、次の各号に定める義務を履行しなければならない。

  1. (1) 審査及び検証に必要な調査又は、理事長が特に必要があるとして行う調査に協力すること。
  2. (2) 事業の廃止のほか、別に定める事実が発生した際、その日から30日以内にその旨を理事長に届け出ること。
  3. (3) 理事長が特に必要があるとして求めた報告、資料の提供に応じること。
  4. (4) 認定を受けた医療関連サービスの提供に関して、利用者等から損害の賠償を請求されたとき、その他重大な事故が生じたときは、直ちにその内容と結果を理事長に報告すること。

第十二 認定の取り消し等

 認定を受けた医療関連サービスが、第二に規定する認定要件を欠いた場合、又は認定事業者が第六の(5)若しくは第十一の遵守を怠った場合、その他医療関連サービスマーク制度の実施に支障を及ぼす行為を行った場合は、評価認定制度委員会及び、倫理綱領委員会等これに関係すると理事長により判断された委員会において、本件を審査し、理事長は、その審査結果に基づき改善勧告又は認定の取り消しの措置を行う。

第十三 苦情処理

 振興会は、医療関連サービスマークの認定を行った医療関連サービスに係る苦情について、これを厳正かつ公正、公平に解決することにより、利用者の保護を図り、もって医療関連サービスの質の向上に努めるものとする。

第十四 損害賠償の実施の確保

 認定事業者は、認定を受けた医療関連サービスに起因して、その利用者等に損害を与えた場合の賠償の確実な実施を図るため、別に定めるところにより、損害保険に加入しなければならない。

第十五 その他

 医療関連サービスマーク制度の対象となる各医療関連サービスに関し、必要な事項があれば評価認定制度委員会に諮って、これを別に定める。

制 定 平成3年9月26日

付 則 経過措置
 既に振興会に参加する団体において、認定が行われ又は認定の準備が進められているものについては、認定のための基準及び評価の方法を検討の上、理事長が経過措置を設ける。

付 則(平成5年11月25日一部改正)
 この制度要綱の一部改正は、平成5年11月25日から施行する。

付 則(平成8年9月25日一部改正)
 この制度要綱の一部改正は、平成8年9月25日から施行する。

付 則(平成13年9月27日一部改正)
 この制度要綱の一部改正は、平成13年10月1日から施行する。

医療関連サービス事業者の方へ

  • 医療関連サービスマークとは
  • 医療関連サービスマーク取得の手続き
  • サービスマークの申請に必要な申請書式のダウンロード
  • 認定事業者の皆さま専用ページ
  • 行政による事業者の人材確保支援について