日本医師会会員医師の皆様へ

医療関連サービスマーク制度について

医療法第15条の二では、医療機関が医師等の診療などに著しい影響を与える一定の業務を外部に委託する時は、「厚生労働省令で定める基準に適合するものに委託しなければならない」と規定しています。当振興会では良質な医療関連サービスの提供に必要な要件を「認定基準」として定め、この基準を満たすサービスに対して認定する制度が「医療関連サービスマーク制度」です。

医療関連サービスマーク対象業務

医療法施行令では、「厚生労働省令に定める基準に適合するものにしか委託できない」一定の業務を定めており、このすべてが「医療関連サービスマーク」の対象になっています。当サービスマークの対象となる業務は下図の10種類となります。

検体検査 院外滅菌消毒 院内滅菌消毒 患者等給食 患者搬送 在宅酸素療法における酸素供給装置の保守点検 医療機器の保守点検 医療用ガス供給設備の保守点検 寝具類洗濯 院内清掃

一覧What’s new

2017.11.01
第244回月例セミナーのご案内(平成30年1月12日開催)
《テーマ:2018年度同時改定の方向性と病床再編の行方》
2017.10.04
第243回月例セミナーのご案内(平成29年12月25日開催)
《テーマ:人材育成の基本:インストラクショナルデザインとアドラー心理学を使う》
2017.09.20
第242回月例セミナーのご案内(平成29年11月28日開催)
《テーマ:海外からの人材活用と移民政策のあり方》
2014.03.28
ホームページを公開いたしました