申請から認定までの流れ

 医療関連サービスマークの認定は、申請を受けたあと、書類調査、専門調査員による実地調査ののち、「認定基準」に適合しているかどうかをサービスごとに設置されている専門部会で審査し、さらに上部審査機関の評価認定制度委員会で最終審査を行い、認定の可否を判定します。

1 申請準備

●主な準備作業

サービスごとに準備作業も異なりますが、主なものは以下の通りです。
1. 施設・設備・用具の設備
2. 受託責任者の配置
3. 受託責任者の研修受講と社内従事者研修
4. 業務案内書の作成
5. 標準作業書(作業マニュアル)の作成

●必要書類

サービスごとに必要な書類が異なりますが、申請時に必要な共通する書類は、以下のとおりです。
1. 事業概要書
2. 組織概要書
3. 決算書
4. 登記簿謄本
5. 代表者の履歴書
6. 業務案内書
7. 標準作業書

申請書様式ダウンロード

3 申請

6月1日 認定
10月1日 認定
2月1日 認定

※受付期間は各認定日の4ヶ月前(衛生検査は5ヶ月前)の約2週間を予定しています。
※申請時に別に定める「申請手数料」が必要になります。

4 審査

●書類調査

受付けた書類について内容を調査します。書類に不備があれば再提出をしていただきます。

●実地調査

書類調査の完了したものについて振興会調査員が、対象の事業所等に出向き、実地調査を行います。

●認定審査

書類調査、実地調査を経た調査結果をもとに、サービスごとの審査専門部会の審議を行い、その結果をさらに評価認定制度委員会において審議し、合否の判定を行います。

5 認定

※認定審査を経て、毎年2月1日、6月1日、10月1日付けをもって認定致します。
※認定された事業者は、別に定める「認定料」が必要になります。

取得後

良質なサービス提供の維持、向上に努めていただき、変更時の届出や検証、サービスマークの有効期間についてもご注意下さい。

お問い合わせ(審査部:03-3238-1862)

医療機関の方へ

  • 医療関連サービスマークとは
  • サービスマークの申請に必要な申請書式のダウンロード
  • 認定事業者の皆さま専用ページ