医療関連サービスマーク制度について

医療法第15条の二では、医療機関が医師等の診療などに著しい影響を与える一定の業務を外部に委託する時は、「厚生労働省令で定める基準に適合するものに委託しなければならない」と規定しています。 振興会では良質な医療関連サービスの提供に必要な要件を「認定基準」として定め、この基準を充たすサービスに対して認定する制度が「医療関連サービスマーク制度」です。

厚生労働省令により、
基準が定められている8業務
医療関連サービスマークとして、
認定している業務
※各業務をクリックすると詳細ページに移動します。
一 検体検査1 衛生検査所業務
二 滅菌消毒2 院外滅菌消毒業務
3 院内滅菌消毒業務
三 患者等給食4 患者等給食業務
四 患者搬送5 患者搬送業務
五 医療機器の保守点検6 在宅酸素療法における酸素供給装置の保守点検業務
7 医療機器の保守点検業務
六 医療用ガス供給設備の保守点検8 医療用ガス供給設備の保守点検業務
七 寝具類洗濯9 寝具類洗濯業務
八 院内清掃10 院内清掃業務

医療関連サービスマーク制度要綱・基準等

本制度は、以下の4つの要素で構成されています。

①認定事業者が遵守すべき「倫理要綱」
②全業務共通の基本事項を定めた「制度要綱」
③各業務ごとに具体的事項を定めた「実施要綱」
④各業務ごと定めた「認定基準」

医療関連サービスマーク制度では、倫理要綱を遵守し、認定基準に適合し、
その他業務ごとに定める要件を満たす場合にのみ認定されます。

マークの由来

マーク

医療関連サービスには、高い技術の裏付けとともにそれを提供する人々の真心や愛情が必要です。
この医療関連サービスマークは、2つのハートによってより良きサービスを築き上げていくために医療機関と医療関連サービス事業者が互いの心を通いあわせていることを表現し、3つの丸印によって国民がそのサービスに支えられていることを表現しています。
平成26年12月5日商標登録(登録第5722945号)